夏と言えば

 土曜日は、今シーズン初の沢登りに行きました。
 メンバーは何時ものとっし〜先生と、沢は10年振り位に御一緒するakoさんに私。今回は草鞋濡らしと言う事で、選んだのは神崎川の赤坂谷を遡行、尾根を越えてツマカリ谷を下降して、神崎川本流を下る贅沢コースです。

 2人をピックアップして滋賀に向かい、9時過ぎに杠葉尾に到着。
e0069822_12173745.jpg
 入念に身仕度を整えます。

 マナーの悪いキャンパーの所為で、入口が閉鎖されて仕舞った林道をテクテク歩いて発電所から入渓。真っ白い花崗岩がゴロゴロする河原は明るく、水も綺麗で心も弾みます。
e0069822_12174591.jpg
 ついついクライマーの習性で遊んで仕舞います。

 赤坂谷の出合まで来たら、ボルダラーさんと遭遇。
e0069822_12175766.jpg
 この暑いのに熱心な事です。

 赤坂谷は大きな滝も無く、只管水線通しにグングン進みます。
e0069822_1218622.jpg
 水も適温で気持ち良い(o^^o)

 小滝もロープを出す程でも無く、ガシガシ登って楽しいです。
e0069822_12181547.jpg
 泳いで取り付いて登るの繰り返し。

 結局、ロープは疎かハーネスすら付ける事無く、乗っ越し入口に到着。登攀道具は全て重りと化して仕舞いました。

 ツマカリ谷に向かう為、斜面を登って尾根に到達するが、降り口が見付からず稜線上を右往左往。読図に戸惑って時間を使い過ぎたので、とっし〜先生が禁断のGPSを取り出すが、国土地理院の地形図を入れ忘れており、方角以外は何も分からないと言う、無用の長物になっていた。
 結局、予定の位置より大分東から沢を下り、支流からツマカリ谷に入る事が出来たので、ズンズン下降していく。途中何度も小滝が出て来るが、全て釜へ飛び込んでは泳ぐので、楽しくて堪らない\(^o^)/
e0069822_12182360.jpg
 滑り台+釜ダイブ。

e0069822_12183234.jpg
 泳ぎもしんどいけど楽しいです( ´ ▽ ` )ノ

 神崎川本流に合流するも、予定の時間から大幅に遅れていたので、躊躇する間も無くガンガン泳いでズンズン進む。
e0069822_1218399.jpg
 核心のS字ゴルジュ。

 日も暮れかかった19時過ぎ、漸く林道に辿り着きました。
e0069822_12185192.jpg
 ギリギリセーフ(´Д` )

 最後はヘッドランプ点けてテチテチ林道を下って終了。疲れました〜( ;´Д`)

 今回の沢は、沢登りと言うより沢歩きでしたが、それでも十分楽しかった。大自然の中で自由に登り、時には勇気を出して飛び込んだり、頑張って泳いだり、読図に頭を使ったりして、目一杯遊びの倒せるのは、兎に角気持ち良いです。

 やっぱり夏は沢が一番ですね(=゚ω゚)b
by kakera365 | 2016-07-25 01:22 | クライミング | Comments(0)
<< 沢いろいろ 日帰り温泉 >>