北山公園

 日曜日は朝4時頃まで駄弁ってたので、昼まで寝てから北山公園に行きました。

 植物園に入ると、木々の蕾も膨らみ始めて、何と無く春の空気が漂ってました。特に梅は満開でとても綺麗で、甘い香りに心も解れます。
e0069822_211177.jpg
 紅白のコントラストが美しい。

 この日は、何時もとは少し気分を変えて、先ずはショーギ岩へ行きました。
 前日の雨の所為か、何時もより少ない人に交じって、先ずはノーマルからトライするが、最近のパターンで調子が出ない。色々と身体意識を確認しながらトライを繰り返し、漸くシックリ来た所で完登。
 続いてスペシャルを、トライ中の女性の合間を見てやるが、こちらも全く感じが掴めない。そうこうしてると、この女性が見事に完登。
e0069822_21111690.jpg
 スペシャル完登シーン。強いです(; ̄O ̄)

 途中からやって来た若いお兄ちゃんも、スペシャルをサクッと登ってしまい、続けてアゲハをトライし始めた。何か強いお兄ちゃんだなぁと思って良く見ると、小西大介だった。ダイダイはその後、アゲハもサックリ完登してた。流石だ( ゚д゚)

 時間も少ないのでスペシャルは諦めて、上部エリアへ向かう。
 取り敢えずアドレナリンへ行ったら、4人組がトライ中だったので、お邪魔させて頂き、先ずはアドカンからやるが、こちらも最近のパターンにズップリ嵌まって、感触が悪い。
e0069822_21112367.jpg
 アドカンにトライ中の4人組さん。

 ここでも身体意識の修正を加え、4便目でマズマズ納得の行く登りで完登。続けてアドスラをやるが、何故かこちらは落ちる気配すら微塵も感じず、サックリ一撃。何だコレ( ? ◇ ? )

 上に上がって、木下フェース3本とウマノリカンテを登ってから、弁当岩でセッション中の3人組に寄せて貰って、お昼寝フェースをやるが、リップが全然止まらない。レストがてらリップの掃除をしてると、3人組は関西グルメの話しをしてたので良く見たら、前日の「千日登攀」で東京から来た萩原良平さん達だった。
e0069822_2111294.jpg
 お昼寝フェースのマントルで悶絶する萩良さん。

 その後も、食パンマントルでセッションしたり、最近のクライミング事情等を色々とお話しさせて貰ったり、帰り際には2頭のイノシシ君と遭遇すると言う、北山公園あるあるネタまで体験して頂いた(=゚ω゚)


 自分の登りはイマイチだったけど、色んなクライマーと会って話しが出来たし、本当に有意義な週末でした( ´▽`)
by kakera365 | 2016-02-23 23:53 | クライミング | Comments(0)
<< ポカポカ陽気 千日登攀 >>