ヒマラヤキャンプ2015報告会

 昨日の夜は、花谷泰広さんによる冒険登山家養成プロジェクト「ヒマラヤキャンプ」2015の報告会に行って来ました。

 このプロジェクトは、花谷さんが20歳の時に行ったヒマラヤでの体験が切っ掛けとなっており、同じ様な思いを抱いたり経験が出来るチャンスを、若いクライマーにも与えたいとの思いから始められたそうです。
e0069822_22443477.jpg
 今回のターゲット。右がランダック、左がランシャール。

 今回は先ず、3人でランダックにトライ。
e0069822_22444165.jpg
 ランダックのナイフリッジ。左後方にサガルマータ(エベレスト)が見える。

 下山後も時間が十分あったので、続いてランシャールに2人で登る。途中、キャンプを張った「ホテルパマルカ」からは絶景が。
e0069822_22444942.jpg
 キャシャールやカンテガのシルエット。めっちゃ綺麗。

 ランシャールの方も見事に登頂して無事下山。

 今回のプロジェクト。色々問題点もあったそうですが、予定の2峰にキチンと登頂して、第1回目としては成功と言えるのでは無いでしょうか。そして、来年の企画も、もうスタートしてます。
e0069822_22445644.jpg
 2016のターゲット「ロールワリン・カン」。

 既に多くの申し込みが殺到してて、かなり熱いメッセージが続々と送られて来てるそうです。

 終了後、花谷さんに握手して貰い、一緒に写真を撮って頂きました。
e0069822_224577.jpg
 何時も笑顔の花谷さんと。

 花谷さんは何度会っても「笑顔が素敵だなぁ」と思います。私も精一杯笑ってる積もりなんですが、引き攣ってますね( ̄~ ̄;)


 先輩から受けた恩や教わった技術、情熱を、後輩へ引き継いで行くと言う事は、どんな世界でも一番重要な事だと思います。この繰り返しが連綿と続く事で文化と言うものが育まれ、熟成されて行くのだと思います。
 私も仕事や趣味に於いて、出来るだけそう言う気持ちで後輩に接している積りなのですが、どうも口が悪いのか方法が間違っているのか、敬遠される事が多いので、花谷さんを見習って、少しづつやり方を見直して行こうと思います。
by kakera365 | 2015-12-17 23:42 | クライミング | Comments(0)
<< 笠置 大掃除 >>