野に育つ花

 今日は笠置の岩場清掃に行く積もりだったが、同行者が見付から無かったのと、やや風邪気味で喉が痛く、一日中日陰の笠置で振り返したら嫌だったので、申し訳無いけど欠席させて頂きました。BCKの皆さん、ゴメンナサイm(_ _)m

 9時過ぎ迄ゆっくり寝て、午前中はのんびり過ごす。午後からは、家で読書するか、王子で人工壁を登るか、北山公園へ行くか悩んだ末に、やっぱり岩と言う事で北山公園へ行きました。
 何時もの様にエレファント周辺へ行き、初級スラブの前でシーズンインの儀式を済ませ、「初級スラブ」「エレファントノーズ」「コックロックフレーク」と3本立て続けに登る。
e0069822_18180712.jpg
 やっぱりホームは落ち着きますね(=゚ω゚)ノ

 暫くコックロックの上で景色を眺めてから、ショーギへ移動。
e0069822_18183124.jpg
 ショーギは今日も盛況です。

 真剣トライの人達の合間に入れて貰い、「ノーマル」をサクッと登って空気を凍らせる(。-_-。)。何と無く居辛くなったので「ドラの音」に行くが、ここでもトライ中の2人を余所にサックリ一撃。
 と、ここ迄は良かったのだが、ショーギに戻って「スペシャル」を触ったら、4〜5便出しても一手目が取れず。シーズン初めで余り固執するのも何だし、時間も無いのでアドレナリンへ移動。

 アドレナリンへ行くと、教授親子がアドカンをサックリ登って撤収する所だった。
e0069822_18185028.jpg
 アドレナリンは静かでした。

 先ずは「アドカン」から触るが、信じられない位に乗れてる感が湧かない。4〜5便出して何とか登るが、自分でも恥ずかしくなる位、無理矢理で酷い登りだった。
 納得出来ない感を引き摺ったまま、今度は「アドスラ」にトライするが、当然の如く登れない。彼此10数便出したものの、ラストムーヴ迄行けたのは3〜4回。何がどう悪かったのか、何も分からないまま時間切れとなって敗退。


 この敗退をどう受け止めれば良いのか。要因を考えれば幾つも浮かんで来るが、全てが言い訳でしか無い。登れなくなって来ているとは思いたく無い。ずっとレベルアップを目指して頑張って来た筈だ。ただ、結果がコレでは頑張りが足りないと言う事か。
 色んなものとバランスを取るのは難しいし、モチベーションを常に保つのはもっと難しい。それでも、前を向いて進まなければ何も始まらない。


 帰りの車中、ラジオから松山千春の「大空と大地の中で」が流れて来た。

 「歩き出そう明日の日に、振り返るにはまだ若い・・・」
by kakera365 | 2015-11-29 22:56 | クライミング | Comments(0)
<< 結婚記念日 三連休-三日目 >>