灼熱の立川

 土曜日は、よこちゃん、オカカマンとクライミング。
 何時もの通り、行き先を当日決定すると言う無計画さで、白羽の矢が立ったのは「立川」。

 エリアに着いたらアップもそこそこに、行き成り「朝立彦」にトライ開始。
 が、流石に二段は甘くなく、既に登ってるオカカマンの指導を受けながら、ムーヴ練習に打ち込む。
e0069822_19381965.jpg
 この後が核心っぽい。

 サックリ敗退したので移動。
 この日は各地で、史上最速の猛暑日を記録した様で、ここ立川も例に漏れず灼熱地獄。日向でのクライミングは即死なので、日陰を求めて、オカカマンが上流で見付けた岩で遊ぶ。
e0069822_19382737.jpg
 ナカナカ厳しいぜ!

 が、しかし、オカカマンは私が見出したムーヴが全く出来ず、拗ねてしまう。
e0069822_19383526.jpg
 とっし~先生ばりのお昼寝タイムに突入。

 結局、核心が出来ずに敗退したので、周辺の岩で適当に遊んで時間を潰す。

 やや涼しくなって来たところで、「ジャバウォック」を見に行くが、完全に水没してた。
e0069822_19384642.jpg
 今はウォーター課題ですね。

 よこちゃんとオカカマンは、直ぐ横の大岩にラインを見出してトライを始めた。
e0069822_19385242.jpg
 最近はハイボール好きですね。

 そこそこ可能性を見出したので、次回に希望を残して、更に下流へ行き、私の希望で「旅人」へ。
 初登者であるとっき〜先生と、時を超えて共感しようと頑張るが、能力が足りなかった様です(つД`)ノ
e0069822_19385922.jpg
 意味不明過ぎるわ!

 他の2人も全く出来ない。
e0069822_1939694.jpg
 オカカマンの斬新過ぎるムーヴ。

 最後は、ガッキー先生の「狂言師」。ランジからスローパーでマントルと言う、如何にも河原らしいパワフルな名作。
e0069822_1939123.jpg
 年甲斐もなく跳んでます。

 よこちゃんと私は、一度もリップを止められず。
 そして、何処へ行ってもタダでは帰らない男オカカマンが、気を吐いて独り完登。
e0069822_19391969.jpg
 上裸は軽いぜ!

 何だかんだで、結局ガッツリ登り、帰りに自家製パスタの店でスパゲッティ食べてから帰神。


 個人的には全然登れなかったけど、トレーニングになったし、色々収穫があって良い日でした。
by kakera365 | 2014-06-03 20:51 | クライミング | Comments(0)
<< 魚釣り 読んでみませんか〜その三 >>