12ヶ月点検

 法定点検の案内が来ていたので、先週D:5君に乗って行って来た。

 三菱に行くと3時間程掛かると言うので車を預け、近くをブラブラして戻って来ると、説明があると言うので聞く。
 整備士の人曰く、
  1.ブレーキパッドが3mmになっている。
  2.エンジンベルトが古くなって音が出ている。
  3.スパークプラグの電極が摩耗している。
 の3点が問題で、これらについて費用も掛かるので「どうしますか?」と聞かれた。

 私はクルマの整備に関しては全くの素人だが、一般的な知識も持ち合わせてるし、バイクのエンジンを自分でバラした事もあるので、整備士の言いたい事は分かる。
 が!「どうですか?」と聞かれて「こうしろ!」と答えられるだけの情報が全く与えられていないので、半ギレ寸前で聞いた。

 パッドが3mmなのは良いが、元は何mmあるのか、何年使ってその状態なのか? ベルトにしたって、鳴くだけで機能に問題が無いなら、ワンでもニャーでも好きなだけ鳴いてろ! プラグだってチビてたって火花が飛ぶんならほっとけよ。
 今にも壊れそうなら、何10万円掛かったって直ぐに直す。金の問題じゃね〜だろが。

 費用に関係無く、整備士のあんたが替えろって言えば替えるよ。そこを判断するのがあんたの仕事だろ。大体最近は、責任を相手に押し付けようとする態度が目に見えて嫌だ。貴方が直さなくて良いと言ったから壊れましたとか、事故りましたとか言うつもりなんだろうか? 自分達には責任ありませんみたいな。
 プロなら責任持って自分の仕事をして欲しい。正確に状況を把握し、それを正しく伝え、自分の意見を示して、最後にお客さんの判断を仰ぐ。それがプロってもんじゃ無いでしょうか?

 私の言ってる事オカシイですか?


 因みに、ブレーキパッドは買ってから6年10万kmも乗ってるのに、一度も替えて無かった。私は確かにあんまりブレーキ踏まないけど、これはちょっと凄いな。
by kakera365 | 2014-02-16 11:36 | 生活 | Comments(0)
<< 氷の祭典 北山公園清掃登攀 >>