花崗岩選手権2013-2日目

 2日目は皆んなでセッション。

 先ずは、ドリさんお得意のマントル課題からスタート。
e0069822_1236811.jpg
 得意のマントルを披露するドリさん。

 お隣のフェース課題にもトライ。
e0069822_12361351.jpg
 コバヤンJr.ゆうたも一緒にセッション。

 前日スタッフで頑張った皆さんも、溜まったストレスを解放します。
e0069822_12361824.jpg
 リハビリクライミングのつじゃ~ん。

 続いて、またもマントル課題に案内される。
 順番にオンサイトで取り付くが、ナカナカ厳しい。私は、今回触った課題で、唯一(プロジェクトは除く)これだけ登れませんでした。
e0069822_12362434.jpg
 みずっちのオンサイトトライ。

 少し移動して、今度はフェースの課題「アマメ(1級)」にオンサイトトライ。
 これは、見た感じ行けそうに思ったので、一番手でトライしてトップアウト。気持ち良いです( ̄+ー ̄)。2番手のBOTCHさんもサクッとオンサイト。
 面白い課題なので、その後も皆んなで順番にトライしてました。
e0069822_12362918.jpg
 大魔王のトライ。

e0069822_12363464.jpg
 たまちゃんも頑張ってました。

 更に続けて、今度は「サヨリスト(初段)」にオンサイトトライ。この課題は島根のこまっちゃん初登で、クラックから上部の悪いマントルに繋げる、見た目も中身も一級品のライン。
 が、何と!これをガッキー先生がさっくりオンサイト!! 「マジっすか!?」と思ったけど、私も負けじと頑張って、持てる力を振り絞ってオンサイトに成功!!! 超気持ち良い〜(=゚ω゚)ノ
 よこちゃんもトライするが、上部のマントルで梃子摺る。マントルは得意な筈なのになぁ。
e0069822_12363998.jpg
 クラックパートのよこちゃん。

 ふくチャンプも前日に力を使い果たしたのか、この課題は登れてませんでした。
e0069822_12364527.jpg
 ここからが悪い。

 最後は、みずっちのプロジェクトのスラブ。見た目にもホールドに乏しく、傾斜も上に行く程キツい、かなりの難課題。
 しかし流石のガッキー先生、サクサクとムーヴを解決し、ラストムーヴ迄追い詰めてました。
e0069822_12365139.jpg
 ガッキー先生あと一歩。

 私も後一歩迄行きましたが、ガッキー先生やみずっちとは違って、そこから動ける様な状態ではありませんでした。


 そんなこんなで、アッと言う間に終わってしまった花崗岩選手権。一言で言うと、兎に角楽しかった。優勝こそふくちゃんに持って行かれたけど、ガッキー先生やBOTCHさんに混じって、優勝決定戦に参加する事が出来たのは良い経験でした。それに2つの好課題「マメコブシガニ(二段)」を登れた事、「サヨリスト(初段)」をオンサイトした事は、とても嬉しかったし、自分の登りに自信を持つ事が出来ました。

 最後になりましたが、こんな素晴らしい催しを開いてくれたドリさんファミリーとスタッフの皆さん、そして参加者の方々に感謝します。
by kakera365 | 2013-11-26 23:25 | クライミング | Comments(2)
Commented by mizunoawa921 at 2013-11-27 22:40
凄い成果ですね~ 普通の人がムズイという花崗岩、きたやまにあさんの得意系なのですかね 笑 上手いっていうことですよ~
しかし、ボルダーはええエリアが沢山あってよろしいですね~(^-^)/
Commented by kakera365 at 2013-11-28 20:59
 いやいやいや、そんな事無いですよ〜(;^_^A
 私はオンサイトはかなり気合い入れますが、mizunoawa921さんみたいに登れるまで絶対に諦めない様な根性は無いですから。登ってるグレードも去る事ながら、その姿勢にリスペクトですd(^_^o)
<< 花崗岩選手権2013-おまけ 花崗岩選手権2013-初日 >>