山神社リボルト

 土曜日は、山神社で行われた[KINet]によるリボルト作業のお手伝いに行きました。
 私はリボルト出来ないので、荷物を運んだり、古いボルトを撤去したり、新しいラッペルステーションを設置したりしました。

 取り付きに集合して、まずは西村KINet代表から本日の作業の説明。続いて松本副代表から安全講話。
e0069822_21533298.jpg
 参加された皆さん。

 今回は、ランニングは触らず、終了点のみリボルトしてラッペルステーションを設置しました。終了点は殆どがアイボルト2本にロープスリングで、良くこれでトップロープとか出来るなと思うものでした。
e0069822_21533835.jpg
 ある意味凄い終了点。

 壁はそこそこの大きさですが、傾斜が少なくて低グレードのルートが多く、初級者に人気があるのも納得です。
e0069822_21534454.jpg
 壁はこんな感じ。

 作業は3班に分かれて行い、私は西村班に編入されて御手伝い。
e0069822_21535018.jpg
 リボルト職人西村先生の作業風景。

 御隣は、松本憲親御大の班。
e0069822_21535651.jpg
 まだまだ元気な松本大先生。

 更に御隣は、PUMP大阪店の河野さんの班。
e0069822_2154250.jpg
 厳しく指導中?

 ベテラン作業員の働きでスムーズに進んで、明るい内に全ての作業が終了しました。
 回収されたボルトやスリング、ロープを見て、改めてリボルトして良かったなぁと思いました。
e0069822_2154886.jpg
 紫外線で傷んだスリング。

e0069822_21541668.jpg
 回すと簡単に折れたアイボルト。

 今回のリボルトで、これからは安心してトップロープ出来るのではないでしょうか。
 なお、何時も言っている様に、より強固なアンカーにはなりましたが、100%の安全を保証するものではありませんので、各自で確認の上利用して下さい。
by kakera365 | 2012-10-28 23:00 | クライミング | Comments(2)
Commented at 2012-11-01 10:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kakera365 at 2012-11-01 19:46
 korunaproclimbさんこそ、お疲れ様でした。
 皆さんテキパキされてたんで、スムーズに仕事が進んで良かったです。

 確かに年配の方ばかりでしたね。私が若い方でしたからね。もっと若いルートクライマーを増やして、アクセス問題にも取り組んで貰える様にしなければいけませんね。
<< 秋の味覚 腰痛さん、どうも >>