夏山-二日目

 二日目の朝は快晴。
 5時前に起床して朝食を取り、テントを撤収してから、6時に鳳凰小屋を出発。
e0069822_19371042.jpg
 さあ登るぞ~!!

 地蔵岳に向かって白砂の急斜面を登り、沢山のお地蔵さんが安置された賽の河原へ。途中振り返ると、雲の上に頭を出した富士山が見えた。
e0069822_19371670.jpg
 地蔵岳まで後一息。

 賽の河原からは岩場を縫う様にして登り、地蔵岳の象徴であるオベリスクの基部に到着。
e0069822_19372279.jpg
 北岳バックにハイポーズ!

 勿論、私はオベリスクの頂点へ。山頂からは周囲の山々が見渡せて、とても気持ち良かった。
e0069822_19372862.jpg
 うぉ~!!!

 まだまだ先は長いので、そそくさと下る。ルンゼ状を下降するのだが、子供達にはチト厳しいか?
e0069822_19373335.jpg
 意外にサクサク下ってました。

 絶好の天気の下、南アルプスは勿論の事、八ヶ岳や北アルプスの峰々を眺めながらの稜線歩き。
e0069822_19374113.jpg
 最高に気持ち良い。

 ところが、この頃から子供達の足取りが悪くなり始めた。私の計算ミスで補給した水が少なく、また久し振りの登山でスタミナが切れて来た様で、全くペースが上がらなくなってしまった。
 登りでは小休止を何度も挟みながら、漸く観音岳に到着。
e0069822_1937476.jpg
 今回の最高峰です。

 続く薬師岳迄は比較的なだらかなので直ぐに着いたが、そこから青木鉱泉へ下る中道は、一気に1,700m近く下るのでかなり傾斜が強く、水不足も手伝って3人共バテバテになってしまいました。
e0069822_19375342.jpg
 急勾配をどんどん下ります。

 途中で夕立に見舞われながらも、ヨレヨレの身体を引き摺って何とか林道まで下り、青木鉱泉迄ラストスパート。
e0069822_19375966.jpg
 最後に渡渉です。

 結局、標準行程の倍近い約10時間半を掛けて青木鉱泉に到着。早速、自動販売機の御世話になりました。
e0069822_1938667.jpg
 冷えたジュースが美味しい。

 青木鉱泉のお風呂に入って汗を流し、グダグダになった足の疲れを癒した後、韮崎市内へ向かいました。
by kakera365 | 2012-07-31 23:36 | 家族 | Comments(0)
<< 夏山-おまけ 夏山-初日 >>