GWボルダリングツアーその2

 5日は朝から天気が良かったが、前日の夕方に雨が降ったので、山の方はもっと降ってるだろうと思われ、小川山、瑞牆は湿気てる可能性が高いので、昨日同様河原で乾きの早そうなWMVボルダーへ行きました。
 昨日に引き続きジャンボさんと、信州大山岳部のえがわくんが同行してくれました。

 まずはスラブばっかりのエリアへ。木々に囲まれて、凄く良いシチュエーションです。
 川の流れに磨かれたチュルチュルの花崗岩で、ホールドに乏しいスラブが5本。
e0069822_22415081.jpg
 後輩えがわくんの登りを見守るジャンボさん。

 どの課題も面白いが、左端の段差のあるスラビーなマントル課題が秀逸。スラブへの立ち込みから、甘いホールドを押さえてマントル。私が一抜けで、ジャンボさん、よこちゃんと続く。
e0069822_22415692.jpg
 ホールドがヌメる~。

 右端のスラブもかなり面白かった。これは私が一抜けでせきしゅうが続いた。せきしゅう、何気にスラブ上手い。

 場所を変えて、今度はスラブもあるけど被りもあるエリア。
 みんな行き成り1級の薄被りフェースを触り出す。地ジャンからスローピーなホールドを押さえ、リップ上のダイクを押さえてマントル。みんながあ~だこ~だやってる間に、これも私が一抜けさせて貰った。
e0069822_2242234.jpg
 リップ手前のせきしゅう。

e0069822_22421256.jpg
 ダイクを押さえてマントルに入るジャンボさん。

 この課題は、えがわくん以外全員完登。
 続いて、ちょっと低いがイヤらしい系の課題。両手とも甘~いホールドを押さえてぶら下がり、デッドでギャストンスローパーを押さえて足を上げるって微妙なムーヴ。
e0069822_22422366.jpg
 先生の模範登攀。

 この課題は、せきしゅうに先を越されたので、かなり粘って私も登っておいた。
 左にも簡単な課題があり、よこちゃんが嵌まりながらも完登。
e0069822_22422875.jpg
 とりゃ!

 更に初段の課題にトライ。
 スタートから左手でダイクを押さえ、遠いカチを取りに行くのだが、なかなか良いムーヴが見つからない。
e0069822_22423424.jpg
 せきしゅうのヒールフックムーヴ。

 結局、この課題は全員敗退。
 最後に、オフウィズスクラック?の課題をやりに行く。
 岩と岩の隙間を、身体を捻じ込んでバック&フットでずりずりするのだが、サイズが微妙でどうも上手く動けない。みんな交代で撃つも、誰もがスタートで浮いたまま固まってしまう。
e0069822_22423913.jpg
 挟まって悶絶中のジャンボさん。

 仕方が無いので、先生に模範登攀を見せて貰う。
e0069822_22424449.jpg
 とっき~先生は安定感抜群でした。

 ムーヴが分かっても、技術が無いとどうにもならないのがクラッククライミングの掟。結局、誰も進む事無く、リベンジを誓って勇気ある敗退。ここでも、何気にせきしゅうが一番上手かった。
by kakera365 | 2012-05-08 23:13 | クライミング | Comments(0)
<< GWボルダリングツアーその3 GWボルダリングツアーその1 >>