ロートルクライマーツアー:二日目

 朝起きると雨がシトシト。
 天気予報では9時以降は曇りと言う事なので、そいつを信じて皆でひつじさん特製朝御飯を頂く。

 しかし、9時を過ぎても全然雨が止まないので、取り敢えず「岩を見るだけでも」と、白石山へ向かう。
 登山口に車を止めて、てくてく歩いてエリアに行くが、当然の如く岩はビショ濡れ。まぁ、折角来たので宿題の「眉毛」を触ろうと、ホールドを雑巾で拭き、チョークを塗し、靴を履いてやってみるが、ホールドが全く信用ならないのでサッパリ出来ない。
e0069822_19211126.jpg
 白髪眉毛に苦戦中の私。

 他のメンバーは岩に触ろうと言う意思が全く無く、私のトライを見てるだけ。

 暫く撃つものの全く先が見えないので、諦めて前日の海岸エリアへ移動する。昨日は海岸の東側からアプローチしたが、この日は西側から降りて一番西のエリアで遊ぶ。
 この海岸で一番目立つ、しかも上に首の取れたお地蔵さんが乗ってる、何とも不気味な岩にラインを引いて遊ぶ。不気味とは言え、下面はルーフになってて見栄えは最高。が、ルーフ内にはロクなホールドが無いので、仕方無くルーフ出口からのひつじさん設定ラインをみんなでトライする。
e0069822_1921179.jpg
 ヒールからの一手目が出ないとっし~先生。

 よこちゃんが二手目のゴミカチを取り、次のデッドをカマすが失敗。
e0069822_19212195.jpg
 なかなか厳し~ぜ!!

 ホストのひつじさんも頑張るが、同じく三手目が取れない。
e0069822_19212692.jpg
 まだまだ~!!!

 私も同じムーヴが恐くて出来ない。しんちゃんは完全に観戦モード。
 そんな中、やはりよこちゃんが強かった。三手目を気合いのデッドで止めると、後は脆いフェースも何のその。
e0069822_19213299.jpg
 根性のトップアウトです。

 課題名「海風(初段)」。
 その後、私も三手目を取り、上部フェースへ突入するも、右フットが欠け、左手ピンチが欠け、更に左手薄カチが大きく剥がれて半身が仰け反り、最後の乗っ越しで右デカフットが思いっ切り剥がれて、恐怖で笑いが止まらなくなるってオチまで付けて完登。いや~、色んな意味で良い課題だ。

 たっぷり遊んで良い時間になったので、ひつじさんに宿泊と食事のお礼を言い、再会を誓って帰途に着いた。
 今回は有名処へは行けなかったけど、新しいエリアで新しい課題を触れたので十分楽しかった。まぁ、ひつじさんの顔を拝みに行くのがメインなんで、楽しく登れたら何処でも良いです。

 ってか、このメンバーで楽しく無い訳無いか(^^)。
by kakera365 | 2012-03-20 22:35 | クライミング | Comments(0)
<< スポーツカー ロートルクライマーツアー:初日 >>