ファミリースキー

 先週末は、相方の職場の同僚と友人の家族と一緒に、ファミリースキーに行って来ました。

 土曜日の5時に家を出発して、奥神鍋スキー場に着いたのは9時半。そこから子供達のスキーをレンタルしてたりしたら、ゲレンデに到着したのは11時過ぎ。時間掛り過ぎ(苦笑)。
 美雲と海晴は私とスキー、瑞穂は相方と橇遊びする。美雲は何度かやってるお陰で、緩斜面なら普通に滑ってる。
e0069822_19155715.jpg
 上手に滑ってます。

 が、リフトが恐い様で、ずっとベルトコンベアに乗って緩斜面しか滑らない。一度だけリフトに載せて、やや傾斜のある斜面に行ったら、ビビって全く滑る気が無い。このままだと上達しそうに無いなぁ。
 海晴は少し教えたら、何となく感覚が掴めた様で、緩斜面はコケずに降りて行ける様になった。リフトに載せて傾斜が増しても、気後れする事無く突っ込んで行く。曲がる感覚も掴めて来た様で、このまま美雲を抜きそう。
e0069822_1916195.jpg
 ヤル気満々です。

 瑞穂は橇滑りに、雪団子作りに、色々遊んで楽しんでました。
e0069822_1916673.jpg
 お団子イッパイ出来たよ~。

 途中から吹雪いて来たので休憩を挟むが、子供達はカマクラの穴掘りに夢中。
e0069822_19161056.jpg
 吹雪でも関係無いです。

 ずっと子供達の相手をしていたので、最後の最後に独りで一番上まで行って降りて来ましたが、全くスムーズでは無かったけどコブでも新雪でもコケる事無く滑れたので、まぁ一年振りのスキーとしては満足しました。この感覚を忘れずに次回もトレーニングすれば、かなり良い感じで滑れそうです。

 夜は「但馬長寿の郷」ってトコのロッジを予約してくれてて、とても綺麗なのに安く泊まれました。レストランで食事してから、お風呂に入り、リビングでビール飲んでノンビリ(^^)。
by kakera365 | 2011-02-01 19:34 | 家族 | Comments(0)
<< 雪遊び 花崗岩選手権-その3 >>