勉強し~や

 今日、好日山荘にシューズのリソールを依頼して来た。
 何時もはCRUXでVACに出して貰ってるのだが、一昨日好日でもやってると聞いたので、モノは試しで持って行ってみたのだが・・・

 持って行ったのは、ベルクロのドラゴン、ミウラー、ZONEの渓流シューズの3足。
 まず、受付まで行って立ってたが、直ぐ目の前に居る2人の店員が声を掛けて来たのが3分後。

 「どうなってんだ、この店は・・・」

 気を取り直して、カウンターに3足出してリソールの依頼をするが、渓流シューズを見て、
 「こちらはクライミングシューズの受付なので、渓流シューズは2階でお願いします。」とな。

 「何言ってんのアンタ!?」的な目でジッと見てると、他の店員に聞きに行って「やっぱりココで受け付けます。」だと。が、[ZONE]の靴を見て別の店員が、
 「これって石井スポーツの製品ですよね?」とか聞いて来たので、「秀山荘のです。」って答えたら、
 「ウチはキャラバンしか取り扱ってないので、これはリソール出来ません!」と言う。
 「えぇっ!? 一昨日VACにリソール出してるって言ったじゃん。VACはフェルトもやってるよ。」って言ったら、パソコンでVACのウェブサイト見てから、「取り敢えず受付します。」と来た。おいおい・・・

 渓流シューズの方は何とか終わって、クライミングシューズに話しが移るが、若いにぃちゃんがドラゴンを見て「これって何てシューズですか?」と。

 「ドラゴン」
 「えっ!? ドラゴ?」
 「ド・ラ・ゴ・ン!」

 まぁ、今はラインナップから外されて売って無いので、若い店員なら名前を知らないのも仕方無いのかとも思うが、どうなんだ?
 更に、追い打ちを掛ける様に「ソールの種類は?」と聞かれたので、「ハイフリクション。」と言うと、

 「ハイ・・・?」
 「HFって書いてるやつ。」
 これで伝わったモノと思ってたが、改めて吐いた言葉が「ステルスC4ですね!?」だと。

 「違うわ~!!!!!」

 これだけでは終わらない。今度はねぇちゃんが、「では、控えをお渡しします。」と。
 「ミウラーのソール、まだ聞かれてないんですけど?」
 「えっ!?」
 「ソールの種類とか厚さとか指定したいんですけど。」
 「???」

 また、さっきの店員に聞きに行って、漸くVACの注文票が出て来る。
 ここまでで既に15分以上経過。つ、疲れる。。。何でお客の方が疲れなあかんねん。

 アンタ達、もうちっと勉強しいや!
by kakera365 | 2010-10-19 20:51 | クライミング | Comments(5)
Commented by マメオ at 2010-10-19 21:17 x
自分で出せば…
Commented by おーぎー at 2010-10-19 21:21 x
頑張って大人の対応される、その時のO崎サンの表情をカウンターの陰からコソーリ見たかった~
面白がってすんませんf^_^;
Commented by saka at 2010-10-20 09:24 x
加藤文太郎の頃からの歴史は全く生かされて無いのですね。
Commented by BOTCHmen at 2010-10-20 13:47
自分で出した方が良いっすよ!
多少安くなるし。好日には僕もイラっときた事が何度もあります。
勉強やってる人はやってるんでしょうけど・・・末端まで教育が行き届いて無いですねぇ。
サービス業としてどうなのか?
Commented at 2010-10-22 00:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 地元ですから 奥吉野 again >>