家族旅行-二日目

 二日目の朝、旅館の窓から外を眺めると、通勤ラッシュで渋滞する橋の下で、沢山の船が蜆採りをしていました。
e0069822_18164231.jpg
 何となく、このギャップが微笑ましい。

 さて、今日の目的地は、世界遺産の石見銀山です。
 ガイド本を読むと、エリアは車両進入禁止の様に書いてあったので、世界遺産センターに車を駐めてバスに乗ろうとするが、これが普通の路線バスで、本数は少ない上に、何と!料金を取られる。しかし、大森エリアへ着いて見ると、普通に車が走ってて、何となく騙された気分。
 貸し自転車が便利との事だったので行って見るが、台数が少なくて平日なのに30分待ち。しかも子供用が無い。勿論、幼児を乗せられる自転車も無い。ハッキリ言って論外。
 今更もうどうしようも無いので、メインの龍源寺間歩まで2km以上歩く事に。
 まずは、羅漢寺へ行くが、私の目的は「五百羅漢」では無く、その前の川に架かる3つのアーチ石橋「羅漢寺橋」。
e0069822_18271864.jpg
 渡れるのは1つだけ。

 さて、龍源寺間歩までボチボチ歩き出す。幸いにも川の右岸に、遊歩道が設けられており、直射日光だけは避けて歩く事が出来た。
e0069822_1830194.jpg
 木陰は涼しいなぁ。

 ダラダラと30分以上歩いて、まずは「清水谷製錬所跡」へ。しっかりした石組みが、まだ残ってました。
e0069822_1831371.jpg
 雑草が無ければもっと良い感じでしょうね。

 更に30分以上歩き続けて、漸く「龍源寺間歩」に到着しました。
e0069822_1832258.jpg
 穴の中はめっちゃ涼しい。
e0069822_18354028.jpg
 こんな狭い所も。

 折角涼しい間歩で復活した身体も、出口から出た瞬間にダレダレに・・・
 帰りは道路を歩いて、銀山エリアを逆戻りして、大森エリアへ行く。
 町に入った瞬間、目の前に石のアーチ橋が!。走って行く美雲。
e0069822_1836848.jpg
 羅漢町橋と言うらしい。

 更にテクテク歩いて行く。古い町並みが残ってて、中々良い雰囲気です。平日なので人が少ないのも良かった。
e0069822_18362059.jpg
 時代劇の宿場町の雰囲気です。

 町の端まで着いたが、またしてもバス待ち。田舎はこれだから・・・

 石見銀山は世界遺産に指定されて、観光客を呼ぶ為にガンガン宣伝しているが、とても客を呼べる体制では無いと思いました。本気で観光に力を入れるなら、まず世界遺産センターを拠点にして、無料送迎バスをガンガン走らせるべきです。勿論、エリア内への車両進入は禁止。貸し自転車を充実させるか、エリア内を電気バス等で循環するべき。ベロタクシーが何台か居たが、あれももっと増やせないか。あと、見れる間歩が1ヶ所ではショボ過ぎる。これじゃ、生野銀山の方がスケール大きいと言われてもしょうがない。整備も全く出来てない。清水谷製錬所跡なんか、草刈り位はして欲しい。あんまり観光化して駄目になるのもどうかと思うけど、家族連れ(って言うか子供)が楽しめない観光地なんて、どうかと思う。

 火照った身体を車のクーラーで冷やしつつ、この日の宿がある奥出雲へ向かいました。
by kakera365 | 2010-08-28 18:57 | 家族 | Comments(0)
<< 家族旅行-三日目 家族旅行-初日 >>